忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/08/24 EDIT CATEGORY: TRACKBACK URL 

12月23日のシロクン






12月23日





前日は折角の日曜だったけど

腰に鈍痛がありましたので

1日中部屋でゴロゴロと過ごした

ゴロゴロと過ごしながらも

何度か窓の外に目を遣ってみたが

もう、ずーーっと夕方みたいな景色だった。

朝から夕方

昼も夕方

夕方は夕方

そのまま夜になった

くっそみたいな天気だ

ドンヨリにも程がある

ということで

腰が死んでいる事も手伝って

外出する気力が湧かなかった。






しかしながら

今日12月23日

昼飯くってから窓の外を覗いて見ると

なんだか明るいじゃないか?

この時期の晴れ間は貴重。

太陽浴びてセロトニン出しとかないと

鬱病なってしまうわ。

ということで

海へと向かった。






島駐車場で車を下りて

島横の漁村へと歩き出してすぐ

シロクン生きておったか!

 


こっち風が冷たいから

駐車場のほうに戻るぞシロクン。





今日は雨で地面が濡れておらぬので

シロクンはよく転がった。





まあた目ヤニいっぱいつけて









こっち、こっちだってシロクン。



いつもの生タイプの鶏肉とカツオのヤツに

銀のスプーンのゼリーみたいなヤツを加えたヤツだぞ

クリスマスは まだ後日だけど

いちおう俺からのクリスマスプレゼントだ。





満足したようだ

 

たぶん








しかし好い時間帯に来たな

こんな青空なんか久しぶりだ

青空に賀正と書きたくなるくらいの景色ですな





島の景色に見惚れていると

シロクンは邪魔をしてくる 顎たぷたぷだなシロクン







ならば

久しぶりに短突堤の先端まで一緒に行こうかシロクン?



ということで

暫く短突堤の先端でシロクンを撫でていたが

観光客の目があるので

10分くらいで短突堤から撤退した。







死角の港内でシロクンを撫でる



背中撫でてるのに徐々に尻を上げてくるシロクン



まったく・・・・ 変態白毛玉め








なんか撫でてたら首もとの毛が束で抜けたんだけど



最近 喧嘩でもしたのかシロクン? 勝ったのか?

まあ、負けたんだろうけど・・・・

 





車でこちらに向かっている途中でも

火力の煙が真っ直ぐ上がっているのが見えたから



海沿いの風は弱かった

それでもけっこう体感温度は低かった

また、春が来たら

ポカポカ陽気のなか

あそこの長突堤をシロクンと一緒に歩きたい

はやく春こないかなー と、願っている。

ということで

俺は腰も痛いし

大掃除のまえの小掃除をやんなきゃならないから

そろそろ家に帰ります

猫には関係ないだろうが

あと1週間ほどで2013年も終わりでして

年末は人間 忙しいのです

このくそ寒いのに

家でじっとしてればいいものを

なんぞ大掃除やら忘年会やら親戚の集まりやら

わざと忙しくしてゴソゴソするのが人間なんだなシロクン。






明日はかなり寒くなるようだから

ちゃんと風の当たらない場所で過ごせよ。



 








PR

2013/12/23 EDIT CATEGORY:猫 & ドッグ TRACKBACK URL 

死んだ完全に死んだなこれは






12月20日





今日の天気予報は暴風雪ということで

家を出る時に覚悟をしながら靴紐を結びましたけど

現☆場までの車中ラジオで

天候が荒ぶるのは夕方からと言っていたので

そうでしたら

なんとか夕方までに現☆場片付けないと

酷い目に遭っちゃうな






ということで

現☆場では午前11時から

こなぁぁぁぁあああああああああああ

 

こなぁぁぁああああああああああ

こ、こなぁぁぁあああああああああああ!ゆ!

ふなぁぁぁああああああああ! むしぃぃぃいいいいいい!

ねえ?

テトラまで寒くぅぅ 

凍て付いたならぁぁぁあああ!

あっはーーーーん!ははーーーーーーん!

つってたんだけど

俺は世代的に

どちらかと言うと

ぼーーーくらーーーーーのまにちーーーーーーー

こーとしーーーも

の世代ですので

こういう雪降りを見ると

そっちの歌のが頭に浮かぶ。



なんとか午後6時手前で屋根乗せて終了。

雪はともかく暴風に吹かれずに終われてよかった。

ちっともよくねえ。

暴風が来る前にと急いでセメントしてたら

セメント袋を地面から自分の腰の高さまで持ち上げたときに




ミヂィッ!



つった

ええ

そうですアレです

ええ、ええ

そうですよアレですよ

腰骨から一直線に頭蓋骨に響いたよ

ミヂィッ!つう音がな

そうです

腰骨が

死んだ音です

正確に書くと

腰骨の椎間板がズレたかなんかした音なんよ。

俺がアメリカの人だったら

オーマイバーーーーーック!

オーーー!マイ!バァァァアアアーーーーーーーーーック!!!

つって叫んだだろうよ。

ということで

俺はもう駄目だから

地球とか明日爆発して粉々になってしまえばいいのにと思います。

そういうことで

おやすみなさい。









2013/12/21 EDIT CATEGORY:毎日 TRACKBACK URL 

いやじゃしごといくのいやじゃ







明日の天気は暴風雪らしい。

なんだよ暴風雪って

雪が横から叩きつけてくるのか?

きっとそんな感じなんだろうな・・・・

ですから

わたしは仕事に行きとうない。

わたし、もう、ボロボロよ

寒くなってから腰なんかバッキバキですし

精神的にもかなり追い詰められていますのに

明日は暴風雪のなか仕事なんて

しにたいことこのうえないね。

それに

ここ最近ずっと朝メシが雑煮なんだけど

いい加減に雑煮飽きちゃったよ。

正月の前に 餅 飽きちゃったよ。

そしてから

雑煮と一緒にコーヒーでてくるんだけど

雑煮とコーヒーって凄く合わない。

毎朝 口の中がパニックになる。

なんであんなに雑巾みたいな味になるのか?

まあ、雑巾なんか食ったことないけど

とにかく

雑煮とコーヒーは雑巾みたいな味になる。

ほんと

冬って好い事が ぜんぜん無いんだな。

あーーー

夏が恋しい。









2013/12/19 EDIT CATEGORY:雑記 TRACKBACK URL 

12月15日のシロクン






12月15日





午後2時過ぎに島駐車場に到着す。

昨日よりはマシだが

相変わらず風が強く小雨もパラついている。

いつものように港内を探してみたが

シロクンからの返事はない。

もしかしたら

昨日の嵐を避けて高い場所に避難したままなんだろうか?








港を横切り島横の漁村へ。

カモ☆メ倶楽部倉庫の前でクリティカ家族が暖を取っていた。



こうやって身を寄せ合って暖を取れる猫は幸せだ。

シロクンなんて一匹狼猫だから冬は大変だと思う。

一匹狼猫・・・・

べつにシロクンは狼じゃないんだけど

これしか適当な表現がない。

はぐれ猫?

猫友ナッシング猫?

よく考えたらシロクンは猫の集会とか出席してるんだろうか?

猫にとって

ああいうのは

どこの誰がエサくれるとか

新入りで強いのが居るから注意せよとか

猫同士で重要な情報をアレできる場所と思うんだけど





つってたら

シロクンいた! あんなところに!




なんだ・・・・ ヤクザか・・・・・



今年のシロクンは体格が少し太ましくなったけど

こうやってヤクザ猫を見てみると

まだまだシロクンが喧嘩で勝てるような相手ではないな。







島横の漁村の隅々まで探したが

シロクンは居らず

今日も会えずに終わるのか・・・・

と、思っていたら



なんだか土産物屋の方向から視線を感じる・・・・・

なんか店の玄関とこに白いのがあるな?

強風で飛んできたトロ箱みたいなのが引っ掛かってるのか?

おい! シロクンじゃねえか ( 怒 )







なんで返事しなかった! 車に戻っちゃうところだったぞ!

 



シロクン 『 おまえ、あたまのかたち、かわったな、病気か? 』



ということで

シロクンは鍵束の音を察知して土産物屋のところまで出てきたが

駐車場を歩いていた俺を認識できずに困っていたっぽい。

俺はあんまり風が冷たかったから

フライトジャケットのフードを被っていたので

自衛隊エスキモーみたいな格好になっていたのでした。




ということで

今日はジャーキーもってきたぞ。

シロクンは最初にどれを すっぽ抜くだろう。





真ん中だった。







次いってみよう





おっ 左ですか





と、みせかけて 真ん中か?





やっぱり左でした。 正解は左です。







なんにせよ

少しの晴れ間のあいだにシロクンと会えて良かった。






また1週間後だ。 それまで元気で暮らせよシロクン。












これは島駐車場へと続く坂道の途中の

放棄された漁具小屋だけど

 

外壁表面に這った蔓植物の葉は全て枯れ落ちている。

しかしながら

こんな建物の状態でも

ある程度 風を遮断しているようで

網戸と摺りガラスの向こうに

蔓植物の葉の緑が見えた。少しの温室効果があるらしい。

 

同じ植物でも風を受ける受けないでは

こんなに差があるのだな。

冬の日本海沿岸に棲む野良猫にとっても

北から西からの湿った冷たい風を

上手に避けて生きていくのが

大事なアレだと思う。

しかしながら

真の冬の厳しさを体感するのは

来年の1月2月であり

その頃には

沿岸の海水温も雪解け水により極冷水へと変わりますので

そんな海の温度を撫でた風に吹かれたら

いくら冬毛を立てて ふくら猫になっても

耐え難い寒さになるだろう。

冬眠できない野良猫にとったら

寒さで生きるか死ぬかだし

漁師さんは漁に出られないし

エサくれる人も家から出てこねえしで

ほんとに大変だろうと思う。







2013/12/15 EDIT CATEGORY:猫 & ドッグ TRACKBACK URL 

やっぱり火傷した ( タールー )






12月14日





今日は荒天のため倉庫でゴソゴソす。

昼から自由の身になれたので

海へと向かう事にす。

市内では気温4℃



これはもう

海沿いとか最悪に寒いだろうな・・・

などと思いながらも運転していったが

島駐車場に到着し外気温度計を見てみたら

6℃となっていた。

市内よりも海沿いのほうが2℃ほど気温が高い。

これはたぶん沿岸の海水温のアレでアレだ。

ということで

車外に出てみるも

風、めっちゃくちゃ、強い。

台風並みの強風であらせられる。

それに

長突堤を波が越えてきている?



ぎりぎり気温が5℃以上あっても

強風吹いてたら、ぜんぜん意味ねえ。

雨なんだか波の飛沫なんだか分からんやつが

バタバタッ!と体に叩きつけてくる。

アホ猫ーーーーっ!

白毛玉ーーーーーーーっ!

どこに居るのかーーーーっ!

返事よこせぇえええ!

つっても

強風の

ブモォォォオオオオオ!

という音で

もし、どこかでシロクンが返事していても

俺の耳には聞こえない。

最悪だ。 最悪の季節だ。

だから冬なんて大嫌いなんだ。







流石に港内には居ないと思い

島横の漁村まで歩いてみたら

シロクン! シロクンじゃないか! こんなとこに居たのか?





なんだ・・・

ヤクザ猫か・・・ 







その後

さらに雨風が強くなってきたので車内に避難す。

 

車内から外を見ていたら

なんだか波もお高くなってきたようで

西と北がぶつかって爆発していた。

 

暫く車内でじっとしていると

空が明るくなってきた。



これはチャンスと思い

2度目の猫視察へと歩みだすが

確実にさっきより波が荒ぶってきておる。

完全に長突堤を越えてきておる。

 

風もさらに強まっている。

もうこれは嵐。

それでもなんとか

少しだけ風を避けている

トンネル方面の路地裏とか探してみたが

シロクンからの返事はなかった。









ということで

1度、海の家で落ち着く事にす。

暖炉に火を熾してから

1時間ほどゆっくりとしていたが

午後5時過ぎに

もう1度、シロクンを探しに向かう。







シロクン居なかった・・・

街灯の少ない真っ暗な路地裏で雨風に叩かれていると

まじで悪夢の中を彷徨っている感じになった。

ガッカリだ。

シロクンにも会えず

冷たい雨に打たれてションボリ沈殿丸だ。








シロクンに会えなかった悲しみを暖炉で燃やすついでに

濡れた手袋とブーツを乾かした。



パチ・・・ パチ・・・



燃焼する薪の音を聞いていたら

そういえば、こんなだったな

地元の冬の海っていうのは

こんなだったな・・・

と、思いました。






そしてから

今日は大いに役に立ってくれたフライトジャケット。

 

ネッ通で1ヶ月くらい悩んだ挙句に

購入に至ったフライトジャケットなんだけど

今日はとても役に立ってくれた

防水ではないけど

そこそこの撥水機能がありました。

気温6℃であっても

あの雨風の中では体感温度は2℃ほどであっただろうと思うが

ちっとも寒くなかったぜ。

それでいて内部が蒸れる事もありませんから

やっぱりミリタリーのヤツは良いモノだなー と、思った。

2万くらいしたけど買って良かった。

でも

コンビニとかのガラスに自分が映る度に

あれ? 自衛隊の人かな? 御苦労様であります。

あ! 俺か!

みたいな事になる。







ということで

外ではちっとも寒くなかったが

海の家で体が冷え切った。

暖炉なんか600℃くらいで2時間以上焚かないと

ちっとも室内が暖まらないですから。

しかも

海の家なんか断熱材もないですから

室内でも息が白いのですから。

ということで

地獄のルーター麺を食いにいったぞ。





窓ガラスにアラレがカチカチッ!と当たる音がします。

 

冬の嵐の日の中華料理屋さんは心がホッとする。






でたあああああ ルーター麺でたあああああ



この地獄の 餡かけ の下から

これまた地獄の熱さの麺が出てくる。



この何時まで経っても冷めない激熱アンのせいで

少しおいて冷ましてから食う

という事が出来ないのでありまして

ほんとに気をつけて食べないと口内火傷になる。







お客は俺ひとりだったんだけど

店のオバチャンふたりともテレビに夢中だぜ?



アットホームで好い店である。








さて

冬の嵐のせいで

シロクンに会えなかったけれど

俺には素晴らしい防寒性能のフライトジャケットがありますし

くっそ熱いタールー麺で英気も養われた。

ですから

明日もシロクンを探しに行く。

あと

これは内緒の話だけど

もうそろそろスープすすっても大丈夫だろう

ということで

レンゲに白菜とエビ乗せたままスープすすったら

白菜の野郎がその身に熱を篭らせたままだったから

右頬口内に火傷を負った。

なんだか毎年これで火傷してる気がするな。

冬の期間の恒例行事みたいなアレになってしまった。








2013/12/14 EDIT CATEGORY:毎日 TRACKBACK URL 

タイトルなし








俺はアレだな。

まいったな~

みたいな顔して

後頭部ポリポリかきながらチラ見しまくるタイプだと思う。











2013/12/13 EDIT CATEGORY:動画 TRACKBACK URL 

タイトルなし








この数日すごく寒いけど

シロクンあいつ事故なんか起こしてないだろうな

心配だな。











2013/12/13 EDIT CATEGORY:動画 TRACKBACK URL 

冬の仕事は辛いけど







ちょっと前の現☆場が崎宮村だった。



自然に囲まれた好い場所ですな。

夏に来たかった。





電気柵とか猪でてくるのかな?







霧が出て神秘的だった。 夏に来たかった。









3日連続でコンビニ飯が続いた日もあった。



コンビニ飯

昔よりは かなり美味しくなったと思うけど

やっぱり飯と言うよりは餌って感じだな。

コンビニ飯は食ってもなんかチカラが出ない感じがする。

アソパソマソで例えるなら

新しい顔よ~!

つって飛んできたのが

中国産のコシアンが詰まった顔みたいなアレだな。

 





冷たい雨にも多く降られた。







昨日の現☆場なんて

近くの畑に水仙が咲いておった。



本格的に冬なってきたなー と、思います。

アラレが耳に当たって 痛い!痛い! と泣いた日もありました。



殆んど土方と変わらない肉体労働で

年収300万円以下でありまして

それでちっともヤル気なんて出ないけど

俺は頑張って働いているぞ。

さっき天気予報見たら

等圧線も密集してて

海なんか大荒れでしょうし

湿った冷たい海風も絶えず吹きつけているでしょうが

シロクンは ニャー ニャー 泣き言なんていわずに

まるくなって じっと寒さに耐えているだろうな。

ですから

シロクンの事を考えると

俺だって寒さに耐えて頑張るぞと思う。

ちっともヤル気はでないけど頑張るぞ。



こんな事は

あの白猫と出会わなければ思わなかった。

あの薄汚れた白毛玉との出会いがなかったら

俺はもっと冬の間 腐ってただろうな。









2013/12/13 EDIT CATEGORY:仕事 TRACKBACK URL 

カレンダー
 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 
 
リンク
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
フリーエリア
 
 
 
最新CM
 
 
 
最新記事
 
(01/31)
(01/30)
(01/21)
(01/20)
(01/19)
 
 
最新TB
 
 
 
プロフィール
 
HN:
Name 38Ninja
性別:
男性
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(04/05)
(04/05)
(04/06)
(04/06)
(04/06)
 
 
P R
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
アクセス解析