忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/01/21 EDIT CATEGORY: TRACKBACK URL 

梅の花






3月30日




現☆場の周辺を散歩す。

梅の花が綺麗に咲いている。



歩いて行く足元にも

名前は知らんが色とりどりの小さなお花たちが咲いておりました。






さらに少し歩くと

チャウス山だかなんだかの山裾に行き着いて

そこの遊歩道を少しだけ歩く。

どこからか犬の鳴声がした。

見上げたら犬いた。

お寺の犬らしい。



いかにも番犬やってます! 

という使命感を帯びた犬顔だったから



遊歩道の幅をいっぱいに利用して

タコ踊りみたいな暗黒舞踏を踊ってやったら

けっこう激しく上から吠えられた。

ちゃんとお寺に不審者みたいなのが近づいてきたら

番犬の役目を果たしているんだなー。

えらいなー。 犬。

と、思いました。






PR

2013/03/31 EDIT CATEGORY:自然 TRACKBACK URL 

2013 初アマガエル







3月20日





今日は昼前くらいまで不安定な天気だったが

昼からは現☆場で作業していると暑く感じるくらいだった。

つっても

風が吹いたり日陰に入ると

ちょっと肌寒い。

ロンT一枚だと、ちょっと寒い。

ですので

首にネックウォーマーしてると調度良い感じだった。

そしてから

花粉もまあまあ飛散してた。






ということで

今日は久しぶりのガ☆レエエエエジ施工だったので

現☆場には前週に掘った穴がありまして

その穴の中を観察したら

アマガエルが入っていた。

穴が深すぎて這い上がれない様子だったから

救助す。



今年初めてのアマガエル。

穴の中に居たから体色は茶色だ。

まだ小振りなサイズでしたので

去年生まれのアマガエルと思う。

アマガエルが何年くらい生きるのか知らないけど

たぶん

こいつは初めての冬眠を経験したやつなんだと思う。

冬眠いいなー.......。

俺も冬眠できるんだったら冬眠したかった。

ほんっと今年の冬はウザかったわー。

冬の間に楽しかった思い出?

ひとつもねえな!

ということで

ウィキってみたら

アマガエルの体液が付着した手で

目をこすったりすると失明する可能性もあります。

と、怖いこと書いてあった。






あと

去年は4月10日にアマガエルみつけたから

今年はちょっと春くるの早いんだろうか?

生き物は正直ですから期待しちゃっても良いんだろうか?

http://thesummer.yamatoblog.net/%E8%87%AA%E7%84%B6/%E6%9C%AC%E7%89%A9%E3%81%AE%E6%98%A5%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%BD%E3%81%84%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AA%E6%97%A5%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F







2013/03/20 EDIT CATEGORY:自然 TRACKBACK URL 





2月の初旬頃から

なんの羽虫か分からないけど

蚊柱みたいなのを形成しているやつらが出てきまして

俺は嬉しくて

ナウシカ気分で

自発的にその蚊柱みたなのに巻き込まれてみたりして

なんていうか

春の訪れも近いのかも知れない。

これだけ永きに渡って、冬に苦しめられてくると

羽虫でさえ愛おしい。

虫が出てきたら春が近いぞ。

春は近いんだ。

春の次は夏だ。

頑張らなきゃな!



思っていた時期がありましたが

その後は気温5℃もない日々が続いて

この調子だと

今年は3月なっても厳しい寒さが続きそうな予感がしまして

完全に頑張ろうという気持ちも消えたし

極々稀に1週間のうちで1日だけ晴れる日とかあっても

そういう日は中国からの汚染大気に包まれてるってことで

喉はイガイガするし目ヤニは出るし

そもそも

その稀な晴れの日なんて

朝から放射冷却でして

朝だけ寒いのならまだしも

この時期は1日中気温3℃とかですし

こんなの

なにを心の糧に生きていけばいいのか

し! しにたい!



思う日々が続いている。



それでも

現☆場に出ておりますと

こんなな蕾を見つけたり



これはなに?

もしかしたらタラの若い芽かな?

トゲトゲがないからウルシか?



なんかフサフサの毛が生えた蕾?も見つけた。



農作業小屋のワラ

日が当たって暖かそう。



これを撮ったのは2月中旬で

ここの現☆場には足元に4cmくらいの積雪が残っていたが

帰る頃にはその積雪も随分と融けて

ああー

春がくるのかー

永かったなー

などと思っていたけど

それは現在2月25日まで続く

気温5℃以下の日々によって

ペガサス幻想だと気づかされた。

5℃以下.......。

海遊ぶ気にもならない。

外に出る気にもなれない。

なにをするにしても

せめて気温8℃は欲しいんだよ。

今年の冬はあまりにも厳しい。

気のせいだろうか?

雪掻きなんかは3回くらいしかした覚えは無いけど

一昨年、去年の冬ってこんなに身に堪える寒さだったっけ?

どうなんだろう?

とにかく

もうそろそろ

まじで、もう、限界だ。

こっちは限界だって言ってるのに

こいつら.......。

花粉とばす準備万端らしい.........。



寒さで弱りきった俺の心に

この波状攻撃.........。

ひどい。




2013/02/25 EDIT CATEGORY:自然 TRACKBACK URL 

冬はやっぱり糞だ





初海遊びを終え

初ねこを視察した1月5日から

一切、海にも向かわず

猫にも会わず

その後の日々は

まさに生ける屍ひろうものなしの状態だった。

ゾンビのように生活していた。

まあ、ゾンビの生活がどんなものなのか

よく知らんけれど

とにかく

仮にゾンビになったとして

そうしたら寒さを感じないとかだったら

どうぞゾンビにしてくれて構わないくらいの

いや

やっぱりゾンビは嫌だ。

これ以上アホになって

運動能力すら損なわれたら

死んだほうがマシだ。

くそー

やっぱり地球爆発すればいいのに

という思考に囚われて生きていたのですから

ただでさえ性根の暗い俺ですから

表面上は普通の顔をしておるが

内心は薄黒くモヤモヤとしたモノを

臓腑いっぱいに溜め込んで

暗黒麺に支配された状態で死んだように生きていた。

これ賀敦で撮った



現☆場が賀鶴で

さらに気温1℃とか

まじで地球爆発しろと思っていた。

つうか

賀鶴なんて

なんかアレだろ?

関電がゾンビ状態に陥ってから

雇用情勢が悪化してるんだろ?

そんなとこから仕事とってくるなよー

こっちの職人さんに仕事あげたらいいのによ

と、思わずにいられないけど

賀鶴では建設資材がお高いのだそうで

こっちから職人と材料ひっぱったほうが

安く済むとかなんとかで

だったら

行きの高速料金だけでなく

帰りの高速料金もみて欲しいよなー

と、思わずに居られないのであったが

まあ、もう、べつに、どうでもいいわ

ゾンビですから俺。

ということで

市内でも、こんな目に遭ったりしていたが



死ねばいいのに......。

しねばいいのにーーーーっ!

いっつもかも

ちゅゅぅううううううとはんぱに降り積もりやがってからに!



きええええーーーーーーーっ

しねーーーーーっ

降るなら1mくらい一気に降り積もればいいのに死ね。

仕事にならないくらい積もればいいのに死ね。

という事を考えながら撮った写真と思う。






これは比較的最近に撮ったモノで

仮名ズ駅の近くだったと思う。



この糞寒い季節に、この旅館の名前。

みつけたとき

なんだか暗~い気分になったね。

なんだってこんな名前を!

どう考えても

南風旅館のほうが

店主は頭もハゲてていつもタンクトップ姿だけど

いつも笑顔を絶やす事無く

朗らかな性格で

玄関先には大輪の向日葵が揺れており

縁側では猫がアクビをしながら伸びております。



すごく魅力的な想像を出来るのに

なんだってこんな名前を!

俺は冬が大嫌いだし

すごく悪意に満ちた偏見で書くけど

きたかぜ..... りょかん......

店主は陰鬱で難解なロシア文学をこよなく愛し

落ち窪んだ眼の下には死を匂わせるような隈がかかり

眉間にはいつも深い皺が寄っており

過去に冬山登山で

右足の指は親指のみを残し

凍傷により損失してしまったため

松葉杖でお客さんを出迎えてくれます。

各部屋に備え付けの

パネルの隙間から冷たい風が吹き込んでくるユニットバスですが

水しかでないので頑張って下さい。

尚、各部屋もれなく

カメムシたちが越冬ために沢山もぐりこんでいるので

カーテンとかシャッ!としたら

カメムシぽろぽろ落ちてきてびっくりするし

くさい目に遭うと思うから

カーテンは開閉しないで下さい。




2013/02/03 EDIT CATEGORY:自然 TRACKBACK URL 

冬のはじまり







10月31日






正直に書くと

俺はもう

作業ズボンの下にモモヒキ穿いている

薄手のやつだけど

上はTシャツの上にトレーナー着て

その上に裏地フリースの作業ドカジャン着てる

さむい

それでも朝と夕方から寒い

もう、冬なんですね

しにたい

ということで

現☆場から大きなお山が観える

DSCF1577.jpgop1.jpg
























手前の山は杉山ですから

年中緑色ですが

その奥のでっかい山の中腹くらいは

紅葉しているのが目視できる

あんまり綺麗には観えないけれど

DSCF1578.jpgop2.jpg




























あそこの山の中腹から天辺までは

手付かずの自然が残っているっぽいな

手付かずの自然......

と、読むと

なんとなく

人間様が、わざわざ自然を残してあげた

みたいなニュアンスが少しだけ含まれているような感じがする

きっと、正直に書くと

環境が厳しすぎて手を付けられなかった自然

つうのが本当の所なんだろうと思う






こうやって撮ったのを見ると

まだ夏の景色みたいなんだがなー.......

DSCF1597.jpgop3.jpg





























あそこに駐車されている車の

ボンネットとフロントガラスに

木漏れ日がかかっている感じとか

夏っぽいんだけどな......

風に吹かれると

首筋や袖口からピリッとする冷気が入り込んできて

うおお

さぶいっ

と、なる

もう駄目なんだ

冬なんだよ、もう





これは

えっと

ツバキかな? ちがうか? サザンカかな?

DSCF1600.jpgop4.jpg




























もう見飽きた感があるけど

手前にセイタカアワダチソウの群生地と後ろにはススキの群生地

夏の面影が死んでしまったのう..... 切ないのう.....

これ、全部ひとりで刈ったなら

夏が戻ってくる! つうなら

腰痛も顧みずに両手に大鎌装備して

低重心で高速回転しながら襲い掛かってやるんだけどな。

DSCF1610.jpgop5.jpg































2012/11/01 EDIT CATEGORY:自然 TRACKBACK URL 

秋口の気持ち悪い花 花?







10月15日






いつものように

なにか楽しいモノはないかと

現☆場の近所を散歩してみても

見つかるのは秋の気配ばかり

DSCF1307.jpg1.jpg
























えーと

確か夏が猛暑続きだった場合は

秋の紅葉が綺麗に色づかないと聞いた事があるけれど

今年の紅葉は、どうなんだろうね?

DSCF1305.jpg2.jpg
























あーあ.......

どこからか金木犀の匂いまでしてきたよ........

どうしたって夏はもう戻ってこないんだなー........

と、思いながらトボトボ歩いていたら

んんっ! なんじゃあれっ!

DSCF1308.jpg3.jpg
























は.......な?

花なのかアレは?

すごくトロピカル色.........

DSCF1309.jpg4.jpg




























きもちわるい花だなー

花なのかどうかも分からないしー

知ってる人が居たら教えて欲しいけど

いや、べつに知らなくたっていいかこんなもん

夏にはこんなヤツいなかったのにな

こんな不気味なヤツが居なかった夏に戻りたいなー

それにしても

静かな部落だここは

だあれも歩いていない

静かな......

静かな秋の始まりですか.......

ねえ?

セミはー?

セミはどこいってしまったのかー?

あああああ

さみしいなああああ。






2012/10/16 EDIT CATEGORY:自然 TRACKBACK URL 

秋が濃厚







10月9日






現☆場近くを自販機探して散歩

すぐ近くに自販機あった

DSCF1137.jpg1.jpg
























缶コーヒー片手に

もうちょっと歩いてみる

歩きながら羽足川対岸に目を移す

あっち側に渡って

ちょっと行くとバイクの人達が好きな滝がある

徒歩だと、かなりの距離ですので行けないな仕事中だし

DSCF1140.jpg2.jpg
























秋口の滝の飛沫に打たれて

さむい! さむい!

言うのも

楽しそうだけど

きっと1時間くらいかかるだろうから

やめておく

おとなしく、こっち側をトコトコ歩いて行きますと

夏っぽいカーブあった

DSCF1141.jpg3.jpg
























ここは......

実に夏っぽくて好いカーブだ......

真夏に巡り会いたかったな

DSCF1142.jpg4.jpg
























ここの木陰で缶コーヒーのプルタブをプシル

コーヒーグビリグビリ飲みながら

川の上流方向に目を遣ると

羽足川頭首工が見えた

DSCF1144.jpg5.jpg
























川に脚を浸けて

魚かなんか狙ってるアオサギを見ながら

缶コーヒー飲んでたが

煙草吸いたくなったので

足元の大きめの石に腰掛けて煙草吸おうとしたら

なんかいっぱいドングリおちてる!

DSCF1146.jpg6.jpg
























俺の手が小さくなった訳じゃなくて

ドングリがでかいのだ

ドングリでかすぎて子供の手みたいに見える

DSCF1148.jpg7.jpg




























ドングリにも色々と種類があるだろうけど

こんなでっかいドングリびっくりしたな

食べ応えがありそうなドングリだ

俺は食べないけどな

クマの事を言っている

クマとかイノシシだったら大喜びのサイズと思った

今年の夏は、暑かったからな

夏に猛暑日が多く続くと

山の木の実などが枯渇すると言うから

今年のクマたちは大変なのかも知れないな

ああああ!

夏が暑いと来年の春とかスギ花粉すごくなるんじゃなかったか?

ぎゃああああ







あと

施☆主さん家の裏側に咲いてた彼岸花

DSCF1150.jpg8.jpg
























相変わらず

気持ち悪い花だな.......

DSCF1151.jpg9.jpg




































施☆工も進み

セメント渇くまでの間、また近くを散歩

こんなのがあった

DSCF1158.jpg10.jpg
























廃寺跡らしい

こんなの

DSCF1165.jpg20.jpg





























簡潔にまとめると

今は無き寺だけど7世紀後半から9世紀初頭に造られたっぽい寺です

すごい寺だったのです

なにがすごいかと言うと

すごい塔が立っていた可能性があるからすごいのです

高さ30m近くの五重塔が立っていた可能性があるのです

その塔の基礎石だけが残っています

それが、この石です

ということらしい

DSCF1164.jpg13.jpg
























この石の真ん中に まあるく 穿たれた孔に

五重塔を構成する内の柱の一本が突っ込まれてた

ということらしい

今は虚しく空を映しています

ボウフラもいっぱい湧いたんじゃないかな?

DSCF1167.jpg14.jpg




























廃寺跡地つっても

この石しか見るもんなかった

つまらんかったけど

この石まで続く歩道に

コスモスいっぱい咲いていた

綺麗だった。

DSCF1160.jpg11.jpg



























DSCF1163.jpg12.jpg






































2012/10/09 EDIT CATEGORY:自然 TRACKBACK URL 

まごうかたなき秋







10月2日






昨日の現☆場近く

少し散歩す

神社みつける

神社うんこくさい

うんこのにおいがする

銀杏いっぱい落ちてた

DSCF0982.jpg1.jpg




























今年の夏を思い返してみると

今年は、神社の外縁で昼寝とか、しなかったな

仕事、忙しいし、暑いし、早く終わりたいし



近くに神社みつけても

そこの日陰で缶コーヒーと煙草1本だけ吸わしてもらって

そそくさと現☆場に戻っていた






神社から

少し歩いてみると

秋コスモスが綺麗に咲いていた

DSCF0983.jpg2.jpg




























天高く馬肥える秋らしい

秋、秋、秋


もうここまでなってしまうと

ほんとは大好きな夏にしがみついていたいが

もう、駄目っぽいな

彼岸花も咲いたらしいし

赤トンボも出現しだしたらしいし

さっきの神社なんて

たくさんの高い木が茂っていたのに

どれだけ耳を澄ましても

セミの声が、ひとつも聴こえなかった

換わりに、涼しげな声で鳴くなにかの虫たちが鳴いていた

秋....... 秋か.......

食欲の秋

読書の秋

運動の秋

とにかく眠い秋

食欲の秋を思うと

えーと

栗、松茸、セシウムストロンチーたっぷりのサンマ

色々とあるけれど

まあ、べつにどうでもいい

読書の秋なんかも、べつにだな

運動の秋

運動の秋なー

動けば気持ちよい汗かくし、体に熱が篭らないし

春みたくアレルギー物質で悩ませられる事もないし

運動するには、すごく良い季節と思う

つうか

秋はボーナスステージみたいなものだ

なみはでてきたし

暑くもなし、寒くもなし

冬のように腰も痛まないから

体もシャキシャキ動きますし

今こそ、たくさん外出して遊ぶべき

と思うけど

なんせ、期間が短すぎるな

秋。






2012/10/03 EDIT CATEGORY:自然 TRACKBACK URL 

カレンダー
 
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 
 
リンク
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
フリーエリア
 
 
 
最新CM
 
 
 
最新記事
 
(01/31)
(01/30)
(01/21)
(01/20)
(01/19)
 
 
最新TB
 
 
 
プロフィール
 
HN:
Name 38Ninja
性別:
男性
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(04/05)
(04/05)
(04/06)
(04/06)
(04/06)
 
 
P R
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
アクセス解析